脱毛施術前に注意すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

16まず、前日に剃毛しましょう。決して抜いてはいけません。抜いてしまうと脱毛施術の効果が得られません。また直前に剃毛してしまうと、肌が荒れてしまう場合があります。赤くなったり怪我をしてしまったら、その箇所は脱毛施術をしてもらえなくなります。

施術をしてもらえない箇所があるとしても、それは一回としてカウントされてしまうので損をしてしまいます。逆に余りにも前もって剃毛した場合、伸びすぎてしまってサロンで改めて剃毛しなければいけない場合があります。その時は剃毛料が別途取られたり、肌に合わなくて荒れてしまって脱毛施術ができない部位ができたりしてしまいます。

次に、剃毛後は保湿をしっかりしましょう。

肌荒れをしないためです。肌が荒れてしまうと、上に記したように施術ができない箇所ができてしまいます。剃毛後、表面的には見えなくても剃毛により肌はダメージを受けています。時間をあけてから荒れてくることもありますが、荒れてから対処してもあまり効果はみられません。必ずすぐに保湿をして肌の保護を忘れないようにしましょう。

最後に脱毛施術日は施術部位になにも塗らないようにしましょう。日焼け止めは絶対に禁止です。なぜなら、もし何かを塗ってしまった状態で施術を行うと化学反応を起こし肌に脱毛以外の効果を起こしてしまい、肌荒れや痛み、赤み、湿疹等の原因をつくってしまいます。そのため、もし何かを塗っている場合、種類によっては施術を断られてしまいます。

自分自身も気持ちよく脱毛施術を行うために、これらのことに気を付けて脱毛を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*