脱毛コラム

脱毛サロンの勧誘を上手く断るための手段

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、勧誘によって店舗ですぐに契約させてくる傾向があります。

そのため、自分で考える時間を確保しにくいので、勧誘を断ることは検討するための時間を確保することに繋がります。

なので、家でないと契約するための時間を確保するのが難しいと明確に伝えることで、スタッフは勧誘しにくくなります。

他にも、家族に相談して契約するかを決めたい人であれば、自分に契約する権限がないことをアピールするのがポイントです。

なぜなら、脱毛サロンは勧誘してでも新規のお客様を増やしたいと考えているので、利用客の数を増やすのに必死だからです。

そのため、家に帰って契約するための時間が欲しいと伝えたり、家に帰って家族と相談して決めると勧誘を断るのが重要となります。

自分には決定の権限がないので契約できないと伝える

特に、家族に相談せずに脱毛サロンを利用すると怒られることを強調すれば、スタッフは勧誘を急かしにくくなります。

他にも、親にお金を出してもらう場合は、相談しないと自分ではお金を自由に使えない旨を伝えるのが大切となります。

また、脱毛サロンでは勧誘によってお客様に無理やり契約させると、問題に発展するので自分だけでは契約すべきか検討できないことを伝えるのがお勧めです。

そのため、脱毛サロンで勧誘された際には、自由には権限がないので契約できないと伝えることで、勧誘を上手く断ることが可能となります。

産後の脱毛をすぐにやろうとしても脱毛サロンは利用できない?

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後の脱毛というのはすぐにはやらない方が良いというのはまず知っておかないといけません。

ホルモンバランスの乱れによって、肌が敏感になっていることから、脱毛をすると肌が荒れてしまう可能性があるからです。

そして、そういったことも関係しているのですが、産後すぐの脱毛サロンの利用はできないことがありますから知っておきましょう。

というのも、産後の肌の状態を懸念して、一定期間は脱毛をするのは望ましくないと判断しているため、産後すぐに脱毛サロンを利用しようとしても断られる可能性があるのです。

産後どのくらい経てば脱毛サロンを利用できるのか

産後どのくらい経てば脱毛サロンを利用できるのか?については、それぞれで異なっていると思うので、確認をしないといけませんが、3か月くらい経てばほとんどのサロンは問題なく利用ができると思います。

しかし、それ以前に利用しようとすると、断られる可能性はどうしても存在してしまいます。

3か月というのはホルモンバランスが通常の状態に戻っていく期間になると思いますから、そのくらい経過すれば脱毛サロンは問題なく利用できると思いますし、自宅で脱毛をするときにも特に問題は生じないと思います。

だから、脱毛サロンを通じて脱毛をしたいと考えている人も多くいると思いますけど、産後すぐの利用は事実上不可能なので、そこは知っておかないといけません。

埋没毛ができる原因とピーリングでの埋没毛の処理について

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、自己処理によって肌を傷つけつつ肌に負担を掛けることでできる毛となります。

理由として、肌の表面がかさぶたや角質で覆われることで皮膚の外側に毛が出てこれなくなるからです。

また、誤った自己処理だと肌を傷つけることで肌のトラブルが起こるので、ニキビや黒ずみが肌の表面にできます。

よって、埋没毛を放置することで肌が炎症を起こしてニキビができるだけでなく、色素沈着によって黒ずみができることになります。

さらに、埋没毛が出来ている状態で毛抜きで自己処理を施すと、毛を抜くことで肌に負担を掛けるので埋没毛を悪化させることになります。

なので、毛抜きで自己処理を行うと毛嚢炎や色素沈着を進行させる原因となります。

肌を保湿することが大切

埋没毛が出来ている場合は、ピーリングで自己処理を行うことで埋没毛を処理しつつ、毛嚢炎や色素沈着を改善することができます。

とはいえ、ピーリングした後は皮膚が薄くなるので、ピーリングしたら肌を保湿することが大切となります。

さらに、皮膚が薄くなる影響によって肌が紫外線の影響を受けやすくなります。

よって、ピーリングしてから肌を保湿せずに放置することは、新たに肌のトラブルが起こることに結びつきます。

その影響によって、肌に吹き出物ができる可能性があるので、ピーリングした後に肌のトラブルが起こったらすぐに皮膚科に向かうのが大切となります。

ピーリングでの自己処理は、肌の保湿を心掛けることで埋没毛を処理する方法となります。

ミュゼプラチナムでアンダーヘアのお手入れをしました。

アンダーヘア脱毛を体験してみて

アンダーヘアの脱毛
41歳、主婦です。

脱毛専門サロン、ミュゼプラチナムで、Vラインの脱毛施術に一年半通っていました。

本来の契約は、ヒザ下8回コースなのですが、契約時のキャンペーンとして、VIO(いずれか一つ)・6回無料施術オプションが付いていたので、アンダーヘアの処理には、全く興味が無かったのですが、無料となれば、話は別と思い、ヒザ下と併せてVラインの施術をお願いする事にしたのが、お手入れのきっかけとなりました。

どんどん綺麗になっていった

ミュゼでは、Vライン施術者には、アンダーヘアのカタチを整えて行く様に、自宅での自己処理用として、テンプレートが配布されます。

ミュゼで施術を受ける前日に、そのテンプレートをおへその中心に合わせて、そのテンプレートのラインからはみ出た、アンダーヘアを自分で処理しておかなくてはなりません。

そして、施術当日、不要な部分をミュゼでスタッフさんが施術をして下さるので、カタチが整ってくるだけでなく、毛の量も減って行くので、どんどん綺麗になって行きました。

施術期間中は、肌の乾燥が大敵となるので、施術をする様になってから、マメに保湿をする様に心掛けていました。

肌が乾燥すると、脱毛力が低下するので、せっかく施術をしても、脱毛器処理の効果が発揮出来ないみたいです。

なので、これから施術を受けようと思っている方は、施術部の保湿をしっかり行って下さい。

ワキガの原因と脱毛でワキガを改善できる理由について

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、アポクリン腺から出る汗が多くなるほど臭いが強まります。

なぜなら、アポクリン腺の汗はエクリン汗腺の汗と違って水分だけでなく脂質や糖質を含むので、ワキガの臭いの原因となるからです。

けれども、脱毛によって毛根組織を破壊することで、脇毛を生えにくくしつつワキガを改善することができます。

サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、黒い毛根部分に光やレーザーが反応するという性質を利用します。

そのため、光脱毛やレーザー脱毛は脇に余計な刺激を与えずに、毛根組織を破壊して脇毛を生えにくい状態にします。

ワキガが悪化するリスクを抑えるのに適切な脱毛

さらに、破壊された毛根の周りでは可視光線によって熱が脇毛に伝わるので、熱が毛穴にこもります。

そして、脱毛効果を高めつつ毛穴全体に熱によるダメージを与えるので、アポクリン腺にダメージを与えます。

なぜなら、アポクリン腺は脇毛と一体化しているので、脇毛を脱毛することでアポクリン腺にも影響が出るからです。

よって、アポクリン腺にダメージを与えることで脇汗を抑えることに繋がるので、ワキガの臭いを改善することができます。

さらに、光脱毛やレーザー脱毛を受けるほどアポクリン腺に可視光線によるダメージを与えるので、アポクリン腺から出る汗の量を減らせます。

その上、脇毛が完全に生えなくなることで、アポクリン腺の汗が脇毛につかなくなるので、ワキガが悪化するリスクを抑えることができます。