光(フラッシュ)脱毛とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●光脱毛の特徴

脱毛方法には、針脱毛やワックス脱毛、毛抜き脱毛などいろいろあるが、光脱毛は、光の波長を利用した脱毛方法である。

光には波長があり、光脱毛は、可視光線という領域の色に反応する光の波長を利用する。

光が濃い色をもつ「毛」に集約されると、熱を帯びる。

例えて言うなら、小学校の頃、虫眼鏡で太陽の光を集め、黒い画用紙を焦がしたように、

光が黒いものに集中的に集まると、熱を帯びる特徴を、光脱毛は利用している。

また、タンパク質は熱を帯びると固まってしまう特徴がある。

毛はタンパク質でできているので、その毛に熱を加えると、毛を作っている毛乳頭の活動が

タンパク凝固を起こし、活動停止してしまう。

例えて言うなら、有精卵をボイルしてしまうと、もうひよ子にはならない。ゆで卵になってしまうイメージだ。

●光脱毛のメリット

光脱毛は無痛ではないが、針脱毛やワックス脱毛に比べると、はるかに痛みは少ない。

針脱毛に比べると、はるかにコストが安い。

一生分のカミソリ代、お風呂で剃毛の時間コストを考えると、はるかに無駄を省ける。

ひざ下や腕など、広範囲の部位を短時間で処理できる。

毛抜き脱毛は、皮膚を痛め埋もれ毛や色素沈着を起こすが、光脱毛は皮膚を痛めない。

皮膚を痛めなくなった結果、皮膚がいつの間にか綺麗になっていることがある。

●光脱毛のデメリット

脱毛器具のヘッド部分が大きいので、細かい部分の脱毛(デリケートゾーン)は苦手。

濃い色素に反応する特徴があるので、薄い色素(うぶ毛や白髪)には脱毛の効果がない。

脱毛前に剃毛しなければいけない。

色素に反応するため、いぼやアザ、刺青などの部分には光を当てることができない。

光の出力を上げすぎると、皮膚へのやけどの危険もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*