埋没毛ができる原因とピーリングでの埋没毛の処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、自己処理によって肌を傷つけつつ肌に負担を掛けることでできる毛となります。

理由として、肌の表面がかさぶたや角質で覆われることで皮膚の外側に毛が出てこれなくなるからです。

また、誤った自己処理だと肌を傷つけることで肌のトラブルが起こるので、ニキビや黒ずみが肌の表面にできます。

よって、埋没毛を放置することで肌が炎症を起こしてニキビができるだけでなく、色素沈着によって黒ずみができることになります。

さらに、埋没毛が出来ている状態で毛抜きで自己処理を施すと、毛を抜くことで肌に負担を掛けるので埋没毛を悪化させることになります。

なので、毛抜きで自己処理を行うと毛嚢炎や色素沈着を進行させる原因となります。

肌を保湿することが大切

埋没毛が出来ている場合は、ピーリングで自己処理を行うことで埋没毛を処理しつつ、毛嚢炎や色素沈着を改善することができます。

とはいえ、ピーリングした後は皮膚が薄くなるので、ピーリングしたら肌を保湿することが大切となります。

さらに、皮膚が薄くなる影響によって肌が紫外線の影響を受けやすくなります。

よって、ピーリングしてから肌を保湿せずに放置することは、新たに肌のトラブルが起こることに結びつきます。

その影響によって、肌に吹き出物ができる可能性があるので、ピーリングした後に肌のトラブルが起こったらすぐに皮膚科に向かうのが大切となります。

ピーリングでの自己処理は、肌の保湿を心掛けることで埋没毛を処理する方法となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*