脱毛サロンの勧誘を上手く断るための手段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、勧誘によって店舗ですぐに契約させてくる傾向があります。

そのため、自分で考える時間を確保しにくいので、勧誘を断ることは検討するための時間を確保することに繋がります。

なので、家でないと契約するための時間を確保するのが難しいと明確に伝えることで、スタッフは勧誘しにくくなります。

他にも、家族に相談して契約するかを決めたい人であれば、自分に契約する権限がないことをアピールするのがポイントです。

なぜなら、脱毛サロンは勧誘してでも新規のお客様を増やしたいと考えているので、利用客の数を増やすのに必死だからです。

そのため、家に帰って契約するための時間が欲しいと伝えたり、家に帰って家族と相談して決めると勧誘を断るのが重要となります。

自分には決定の権限がないので契約できないと伝える

特に、家族に相談せずに脱毛サロンを利用すると怒られることを強調すれば、スタッフは勧誘を急かしにくくなります。

他にも、親にお金を出してもらう場合は、相談しないと自分ではお金を自由に使えない旨を伝えるのが大切となります。

また、脱毛サロンでは勧誘によってお客様に無理やり契約させると、問題に発展するので自分だけでは契約すべきか検討できないことを伝えるのがお勧めです。

そのため、脱毛サロンで勧誘された際には、自由には権限がないので契約できないと伝えることで、勧誘を上手く断ることが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*