ワキガの原因と脱毛でワキガを改善できる理由について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、アポクリン腺から出る汗が多くなるほど臭いが強まります。

なぜなら、アポクリン腺の汗はエクリン汗腺の汗と違って水分だけでなく脂質や糖質を含むので、ワキガの臭いの原因となるからです。

けれども、脱毛によって毛根組織を破壊することで、脇毛を生えにくくしつつワキガを改善することができます。

サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、黒い毛根部分に光やレーザーが反応するという性質を利用します。

そのため、光脱毛やレーザー脱毛は脇に余計な刺激を与えずに、毛根組織を破壊して脇毛を生えにくい状態にします。

ワキガが悪化するリスクを抑えるのに適切な脱毛

さらに、破壊された毛根の周りでは可視光線によって熱が脇毛に伝わるので、熱が毛穴にこもります。

そして、脱毛効果を高めつつ毛穴全体に熱によるダメージを与えるので、アポクリン腺にダメージを与えます。

なぜなら、アポクリン腺は脇毛と一体化しているので、脇毛を脱毛することでアポクリン腺にも影響が出るからです。

よって、アポクリン腺にダメージを与えることで脇汗を抑えることに繋がるので、ワキガの臭いを改善することができます。

さらに、光脱毛やレーザー脱毛を受けるほどアポクリン腺に可視光線によるダメージを与えるので、アポクリン腺から出る汗の量を減らせます。

その上、脇毛が完全に生えなくなることで、アポクリン腺の汗が脇毛につかなくなるので、ワキガが悪化するリスクを抑えることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*